【スポンサーズリンク】

【茨城】水戸の居酒屋「てんまさ」で、水戸名物あんこう・納豆料理を堪能!

こんにちは、さくらです。

突然ですが私、大人の階段をのぼってきました~。

1人居酒屋デビューです!

あん胆なんていう珍味を食し、リッチな大人気分。

今回訪れたお店をご紹介したいと思います~!

居酒屋「てんまさ」

[box class=”box28″ title=”居酒屋TENMASA‐てんまさ”] 〒315-0015
茨城県水戸市宮町2-1-1 細谷ビル2階
050-3462-2489

JR常磐線水戸駅 徒歩3分
駐車場 無し[/box]

水戸市内滞在中、ホテルの方にご飯屋さんについて尋ねたところ,

「北口にある『てんまさ』というお店がオススメです!」

と教えていただき、行ってみました。

納豆やあんこうなど、水戸の食材を使った郷土料理が楽しむことのできるお店なのだそう。

JR水戸駅北口(改札出て右)を出て、左側のロータリーを歩いて降りると・・・。

居酒屋てんまさ、発見!

中に入ってみると、よくある大衆居酒屋さんのような感じ。

会社帰りのサラリーマンの方たちが多く、みなさん既に出来上がっていました。

お料理

中に入ると、最初にお通しが出てきました。

・・・が、なんせ初めての1人居酒屋。
緊張が勝ってしまい覚えていません。

メニューは100種類くらいでしょうか。

ずらーっと並ぶメニューに圧倒されていると、

「水戸の方でないならば、あんこう料理か納豆料理がいいよ!」

とやさしい店員さんが教えてくださいました。

あんきも

「海のフォアグラ」とも表現されるあんきもを初体験!

フォアグラは未経験なので分かりませんが、わたしは「海のアボカドだ!」と思いました。

アボカドみたいに濃厚な、どことなく重めのバターのようなコクのあるお味。

後から訪れる海の風味。

贅沢な一品です。

まぐろ納豆

ありそうでない、まぐろと納豆だけのシンプルなお料理。

納豆も名物であるだけに美味しい。

小粒納豆サイズの納豆ですが、スーパーで売ってる納豆のような臭みがない。

クセのない、シンプルで美味しい納豆でした。

ところで、てんまささんには「あんこう料理」や「肉料理」と並んで、メニューに「納豆料理」というカテゴリーがあるんです。

水戸ならではのメニューですね。

あんこうのからあげ

「あんこう料理、もう1品は食べておきたい。」

そう思って選んだのは、あんこうのからあげ。

「馴染みのあるから揚げという料理を、あんこうで食べたらどうなるのか?」という好奇心にそそられました。

鶏のから揚げよりも、少しやわらかく、でも食べ応えのあるもの。

中身は白くて、白身魚のフライを連想させますが、魚介類特有の臭みはなく、魚介類に苦手な方にも食べられそうです。

納豆チャーハン

納豆チャーハン、個人的に激おすすめ!美味しい!

価格600円という安さでありながら、ボリュームたっぷり!

お母さんの存在を感じさせるような、温かみのあるお味。

納豆汁までついてきて、ほっこり&お得な気分。

水戸市民だったらランチや夕飯に通っちゃいそう~。

もっと食べたいものは沢山あったけど、胃袋と相談してここで断念。

水戸滞在中、名物料理を楽しみたい方におすすめです~!

ABOUTこの記事をかいた人

流行りのモー娘。を見て育った生粋のアイドル好きで、今はHey!Say!JUMPに夢中。リラクゼーションサロンに勤務。体質改善やセルフケア方法などを模索中。【資格】社会福祉士、アロマテラピー、リンパケアセラピスト、日本化粧品検定など。