【読書記録】『10年後の仕事図鑑』(堀江貴文・落合陽一)を読んだ感想

こんにちは、さくらです。

今年の夏頃、書店でもドーン!と売り出されていたこちらの本。

堀江貴文氏と落合陽一氏の共著です。

この表紙を見るたびに、

『わたしの仕事は大丈夫かしら?』

と思わずにはいられず、その答えが知るべく、手に取ってみました。

10年後、人間の仕事が奪われる?

「AIの発達により仕事が奪われる」

そんな言葉を聞いて、悲観している人も多いのではないでしょうか。

というか、私はそのうちの1人です。

わたしが初めてこの言葉を聞いたとき、ちょうど仕事の方向性に悩み、不安を抱えていた時期でありました。

とてつもないほどに将来を不安視したことをよく覚えております。

そんな気持ちの中で見つけた、堀江さんの一言。

「AIによる職の代替=不幸」のロジックを持つ人間は、自分の価値をAIと同じレベルに下落させてしまっている点で、ダサい。

引用:「10年後の仕事図鑑」

「ダサい」の一言が胸にグサりと突き刺ささります…。

ここまでハッキリ言われてしまうと逆に清々しいものもあります。

そして、気がつきました。

AIが発達する→自分の出来ることがなくなる

そんな考え方は誤りだったのだと。

AIと人間が担う仕事の役割
そもそもAIと人間とでは、役割が異なるわけです。

単純作業・分析・判断・移動といった作業はAIやロボットにも代替が効きます。

しかし、相手の些細な気持ちを汲んだ上での判断や声掛け、メンタル面を含めたサービスなどは、人間の仕事。

代替可能な業務をAIに任せることで、より安全に仕事ができるようになり、時間や余裕を得られる人間は、よりソフトなサービスに注力することが出来るのです。

例えば、介護施設であれば、AIの発達によって利用者さんの移動は楽に行えるようになり、その分、コミュニケーションをとることだとか、他の付加価値に人手を使えるようになるわけです。

人間の仕事が「減る」わけではない、より人間らしい仕事に「変わる」のですね。

10年後になくなる仕事と増える仕事

そう言われもやっぱり気になるのは、10年後になくなる仕事と増える仕事。

自分の仕事はどうなんだ?という疑問はやはり拭えないものです。

本書では、31個の『なくなる仕事・変わる仕事』と、12個の『生まれる仕事・伸びる仕事』が紹介されています。

ただし、本書ではこうにも述べられています。

 皆さんが今常識だと思っていることも、5年後、10年後には常識ではなくなっている可能性が多々ある。目まぐるしいスピードで社会が変化していくのだから、誰も数年後の未来を正確に言い当てることなどできない。

引用:10年後の仕事図鑑

そもそもこの10年、100年の中でも色んな変化が起きてきました。

例えば、テレビの変わりにSHOWROOMやYoutubeを見る人が増え、それを仕事にする人たちも出てきました。

こんな風に、ここ数年でも色んな変化が起きてきています。

10年後、今の仕事がなくなるかどうかなんて、アテにならない情報なのです。

そんなことよりも、『自分がどうありたいか』とか『どうお金を稼ぐか』とか、そういったことを考えていくほうが、良い。

10年後、なくならない仕事の行方
ところで、わたしはサロンセラピストとして働いています。

このような対人職は、たとえAIが発達してもそう簡単にはなくなることのない仕事だと考えられます。

優秀なマッサージ機が登場するとかで身体のほぐしは簡単に解消できるようになるかもしれない。

だけど、人の温もり・愛情を持って癒やすと言ったことは、AIには代替することはきっと難しいでしょう。

だからといって、わたしの仕事から安心かと言われれば、そういうわけではありません。

今でさえ、多くのサロンがオープンし、差別化や価格競争が行われていますし、店舗内での指名競争だってあります。

10年後、現役で働いていたとしても、今と同じ知識・技術・やり方のままでは間違いなく周りに埋もれてしまうでしょう。

「自分の魅力」「自分の売り」を見出だせないスタッフは、きっと業界に生き残ることはできません。

好きを仕事にする生き方

他に負けない、代替不能な価値を身につける方法は、シンプルに「好きなことに没頭すること」だと言います。

改めて整理すると、大事なポイントは次の2つだ。

・好きなことに没頭し、仕事になるまで遊び尽くす

・好きなことを掛け合わせ、「100万分の1」を目指す

引用:10年後の仕事図鑑

凡人が100人に1人になるためにかかる時間は、約1万時間だと言われています。仮に1日8?9時間取り組むとして、約3年かかる計算ですね。

そんな100人に1人のことを3つ作ると…

1/100×1/100×1/100=1/1000000

100万人の1人の存在になれる。

好きなことを仕事に?と不安に思うかもしれないですが、占いが好きなら占い師になれる、文章を書くのも好きなら占い師ブロガー(ライター、コラムニスト、作家etc.)にもなれる………と言った感じでしょうか。もう1つの好きなことで、より特化したorより寄り添えるスペシャリストになれますね。

まとめ

会社という箱にいてもいなくても、個人の価値が問われる時代です。

実際に、わたしの携わるサロンの業界でも『店舗ではなくセラピストで選ぼう!』という声が上がり、実際に媒体も立ち上がっています。

『うれしい』『たのしい』『やりたい』『好き』『得意』

そんな気持ちを大切にしていきたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です